世界遺産って、地球レベルでの単なる観光地指定なのか

世界遺産に認定されたとか、選考に落ちたとか言うニュースが良く流れるようになったのは、ここ数年のことだと思うのです。法隆寺などでも、世界遺産の石碑の前で記念写真を撮っている観光客をよく見かけますが、なんだかなぁ~といつも思います。その場所がゴールのように思っているんじゃないかと。
確かに、認定されるとドット人が押し寄せて、地域が活性化し、経済的に潤うのかもしれません。だから、認定に向けて躍起になる自治体も多くなるんでしょうね。

反対に、人が増えることで壊れて行く自然やゴミ問題など、熊野古道なんかでも問題になっていますし、世界遺産ではないけど、竹田城が増えすぎた観光客のせいで、石垣が危なくなってしまうなどニュースが流れたりもしていました。こういうニュースを見ると、世界遺産って何のために登録されるんだろう?と疑問に思いつつ、守る・保護するというのは、難しい問題だなぁ~としみじみ思います。